• ホーム >
  • 子どもの頃からのケアが大切~小児歯科~

お子様の歯を守るのは親御様の役割です

お子様の歯を守るのは親御様の役割です

子どもの歯は、大人の歯に比べてやわらかいということをご存じですか? そのため虫歯になりやすく、一度かかると進行も早いという特徴があります。しかし、子どもはまだ、自分自身のお口をきれいに維持することができません。大切なお子様の歯を守れるのは、親御様しかいないのです。

座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」の小児歯科では、お子様の虫歯治療はもちろん、予防にも力を入れています。お子様のお口の中に気になることがあれば、お気軽に当院までご相談ください。

虫歯は感染するのを知っていますか?~母子感染~

虫歯は感染するのを知っていますか?~母子感染~

虫歯は、「虫歯菌」による感染病。本来虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には存在しませんが、外部から感染して虫歯ができてしまいます。では、一体どこから……? それは実は、お父様やお母様などの「身近な大人お口」からなのです。これを「母子感染」といいます。

母子感染は、大人と子どもが同じコップやおはしを使ったり、スキンシップでキスしたりするなど、日常の中で起こっています。

まずは親御様の歯を健康に保つことからはじめましょう

まずは親御様の歯を健康に保つことからはじめましょう

お子様を虫歯にさせないためには、まず「大人と子どもの食器を分ける」など、感染の原因を取り除くことが必要です。それに加え、身近な大人がきちんと歯科治療を受けることでお口を健康に保ち、お口の中から虫歯菌を減らしておくことも大切です。かわいいお子様のために、まずは親御様自身がお口のケアを意識しましょう。

予防処置メニュー

ブラッシング指導
ブラッシング指導 お子様のお口の中は、乳歯や永久歯への生え替わりなどでめまぐるしく変化するもの。そのため一人ひとりの成長段階に合った、正しいブラッシングを行うことが大切になります。そこで口腔衛生のプロである歯科衛生士が、正しいブラッシング方法を指導します。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯の再石灰化を促し、歯質を強化する効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。とくに、乳歯や生え替わったばかりの永久歯はやわらかく、虫歯になりやすいため、定期的に受けることをおすすめします。
シーラント
シーラント 奥歯には複雑で深い溝があるため、食べカスが溜まりやすいうえにブラッシングがしにくく、虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめ、レジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋めてしまい、虫歯を予防する処置がシーラントです。

お母さんと子供の歯科治療について

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top