• ホーム >
  • 歯を失う怖い病気です~歯周病治療~

成人の多くが悩む歯周病

成人の多くが悩む歯周病

多くの日本人が悩んでいる病気……それは「歯周病」です。歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっている、または予備軍であるといわれ、実は日本人が歯を失う第1位の原因にも挙げられています。初期に痛みがないため、気づいたときにはかなり悪化していたというケースも少なくありません。

歯周病から大切な歯を守るには、早期発見・早期治療が大切です。何か症状に気づいたら、座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」までお早めにご相談ください。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患の関係

歯周病は大切な歯を失うだけでなく、次のようなさまざまな全身疾患とも深く関わっています。歯周病治療は全身の健康、また命を守るためにも重要な治療なのです。

心臓疾患 肺炎
歯周病菌が血管に入り込むと、血栓ができやすくなり、心筋梗塞や狭心症を招くことがあります。 誤嚥(ごえん:食べものを飲み込むときに誤って肺に入り込むこと)によって歯周病菌が肺に入り込むと、肺炎を引き起こすことがあります。
糖尿病 早産・低体重児出産
歯周病と糖尿病は深い関係があり、互いの発症を招いたり症状を悪化させたりし合うということがわかっています。 歯周病菌は子宮に、陣痛に似た筋肉収縮を起こし、早産や低体重児出産の確率を高めてしまいます。

歯周病の検査について

歯周病の検査について

当院では歯周病治療を開始する前に、「ポケット検査」を行っています。これは、ブローブという器具を使って歯周ポケットの深さを調べる検査です。健康な歯肉の場合、1~3mm程度しかブローブは入りませんが、歯周病が進行するにつれ、どんどん深くまで入るようになります。つまり歯周ポケットの深さを測ることで、進行度を知ることができるのです。

検査結果を元に必要に応じて問診を行ったうえで総合的に判断し、一人ひとりに合った治療計画を立案します。治療は計画に沿ってきちんと進めることが大切ですので、最後までしっかり通院しましょう。

歯周病の治療法

初期歯周病の治療法

歯周病菌は、歯にこびりつくプラーク(歯垢)や歯石に棲みついて歯周病を悪化させます。初期の歯周病では、ブラッシングで落とせない歯石を取り除いていきます。

スケーリング
スケーリング スケーラーという器具を使用し、歯と歯ぐきの間にこびりついた歯石を取り除きます。
ルートプレーニング
ルートプレーニング キュレットという専用器具を使って、スケーリングでは落とし切れない歯石を取り除きます。最後に汚れが取り除かれてデコボコになった歯面をなめらかにみがき上げ、汚れの再付着を防ぎます。
重度歯周病の治療法

歯周病が重度にまで進行すると、歯周ポケットの奥深くに歯石が入り込み、それを除去するために外科手術が必要になります。また、歯周病菌に冒されて失われてしまった歯周組織を再生させる治療も行います。

フラップ手術
フラップ手術 局所麻酔を施したうえで歯ぐきを切開してめくりあげ、歯根部分を露出させます。歯根の先にこびりついたプラークや歯石を取り除き、最後に歯ぐきを縫合します。
エムドゲイン法
エムドゲイン法 歯周病が悪化し、顎の骨が大きく溶かされてしまった場合には、顎の骨や歯根膜を再生させる治療が必要です。再生させたい部分にエムドゲインゲルという薬剤を入れ、比較的再生が早い歯肉をコントロールしつつ、顎の骨や歯根膜の再生を促します。

こころ歯科クリニックの診療方針はこちらから

page top