Treatmentインプラント・入れ歯

  • HOME
  • インプラント・入れ歯

Treatmentまるで自分の歯のような
自然な見た目と噛み心地に

虫歯や歯周病、ケガなどでご自分の歯を失ってしまったときに、歯の機能を取り戻すために行うのが補綴(ほてつ)治療です。
補綴治療には、主にインプラント治療、入れ歯治療、ブリッジ治療があります。

座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」では、さまざまな補綴治療を提供しており、
患者さんのご要望やお口の状態に合わせて最適な治療法をご提案しています。
患者さんに合った治療法を選択して歯の機能を回復させましょう。

自分の歯のように噛める
インプラント

自分の歯のように噛めるインプラント

インプラント治療は、入れ歯やブリッジと比べて新しい治療法です。審美性や機能性の高さ、周囲の歯に負担をかけない点などメリットの多い治療として大きな注目を集めています。補綴治療にはいくつかの選択肢がありますが、以下の項目にあてはまる方はぜひインプラント治療をご検討ください。

  • 自分の歯のようにしっかり噛めるようになりたい
  • 残っている歯に負担をかけずに治療をしたい
  • ほかの人に治療したことを気づかれたくない
  • 今使っている入れ歯に不満がある
  • 新しい治療法に興味がある
インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。人工歯根は顎の骨に強固に結合するため、入れ歯のようにズレたり外れたりすることがなく、まるで自分の歯のように咬めるようになります。また、人工歯はセラミック素材で作製されるため、周りの歯に色調や透明感を合わせることができ見た目がとても自然です。インプラントだと周囲に気づかれることはありません。

それ以外にもインプラント治療には多くのメリットがあります。ただし、同時にデメリットもありますので、両方をよく理解した上で選択しましょう。

インプラントの
メリット・デメリット

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット デメリット
  • 自分の歯のような自然な噛み心地と見た目
  • 今までどおり食事を楽しめる
  • 長期的に安定した噛み合わせを維持できる
  • 周囲の健康な歯を削らずに済む、
  • 周囲の健康な歯に負担をかけない
  • 噛む力が顎の骨に伝わり、歯ぐきがやせるのを防ぐ
  • 自費診療となり、比較的高額になる
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 重度の歯周病である場合などには、治療できないケースもある

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

当院では、豊富な知識と技術を駆使し、高精度のインプラント治療を実現しています。より多くの患者さんにインプラント治療を提供できるよう、さまざまな手法を用いたインプラント治療を提供しています。

抜歯即時理入

一般的なインプラント治療では、抜歯後、傷口が治癒するまで一定期間をおかなければならず、歯ぐきを切開する外科的手術を2回行う必要があります。そのため、治療期間も長くかかり、患者さんへの身体的精神的ダメージもかかります。

抜歯即時埋入は、文字通り抜歯してすぐにインプラントを埋め込むことができる治療法です。歯ぐきを切開する外科的手術は1回で済み、治療当日に仮歯の装着までが可能です。手術当日から普段通りの食事ができ、治療期間を大幅に短縮できます。ただし、顎の骨量が不足しているケースでは適用できない場合がありますので、一度ご相談ください。

骨再生療法~ソケットリフト~

インプラント治療は、顎の骨の幅・高さが一定以上ないと行えません。ただし、骨再生療法を併用することで、インプラント治療が可能になる場合があります。

当院では、顎の骨量を十分に確保するために「ソケットリフト」という治療を採用しています。ソケットリフトとは、インプラントを埋め込むための穴から自家骨や人工骨などを入れて骨の厚みや高さを確保し、インプラント治療を可能にする処置です。他院で「骨が不足しているから治療できない」といわれた方も、ソケットリフトを用いることでインプラント治療が可能になるかもしれません。まずは一度当院までご相談ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP 1 STEP 2 STEP 3
STEP 1 STEP 2 STEP 3

Treatment入れ歯・ブリッジという
選択肢もあります

入れ歯・ブリッジという選択肢もあります

当院では、入れ歯の作製や入れ歯の修理・調整、ブリッジによる治療も行っています。当院では、一人ひとりのお口の状態やご希望をふまえたうえで適した治療をご提案していますので、まずはお気軽にご相談ください。

連なった人工歯の橋をかける
ブリッジ

連なった人工歯の橋をかけるブリッジ

ブリッジとは1~2本といった少数の歯を失った場合に行なう治療です。残っている両隣の歯を削って支えにし、連なった人工歯を橋のように架けて歯の機能を補います。保険適用であり比較的治療費用が安価、歯にしっかり固定されるため咬み心地がよい、見た目が自然といった点がメリットです。ただし、健康な歯を削らなくてはならず、その歯の寿命を縮めてしまうというデメリットもあります。

当院では数多くのブリッジの症例を手がけた実績があります。ブリッジ治療も当院にお任せください。

古くから親しまれている入れ歯

古くから親しまれている入れ歯

当院では自費・保険いずれの入れ歯にも対応しており、患者さんのお口にぴったり合う入れ歯をおつくりしています。「入れ歯がほしい」という方はもちろん、「入れ歯が合わない」「ずれて噛みづらい」という方はぜひ当院までご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯があり、それぞれに特徴があります。患者さんのご要望やお口の状態に合わせてよりよいほうをご提案します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

保険診療 自費診療
素材
  • 歯科用レジンに限られる
  • 多種多様な素材から選べる
価格
  • 自費よりも安価
  • 保険がきかないため、高価
使い心地
  • 素材の性質から厚みが出てしまい、違和感が続くことがある
  • 噛みにくい、ずれるといった不具合が生じることがある
  • お口にフィットし、違和感なく自然に噛める
見た目 不自然で入れ歯だと気づかれてしまいやすい
  • 天然歯のような見た目で気づかれにくい
修理 簡単にできる
  • 素材によっては修理ができないことがある
入れ歯の種類
レジン床義歯(保険診療)
レジン床義歯(保険診療) 保険診療の入れ歯です。床の素材はレジンにかぎられ、厚みがでてしまいます。
メリット 費用を抑えられる
さまざまな症例に対応できる
修理や調整がしやすい
デメリット 装着時に違和感や噛みにくさがでてしまうことがある
食べ物の温度が伝わりにくい
壊れやすい
ノンクラスプデンチャー(自費診療)
ノンクラスプデンチャー(自費診療) 金属のバネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分、吸着性のある樹脂でつくられており、お口にぴったりとフィットしてしっかり噛むことができます。
メリット 自然な見た目に仕上がる
軽く薄くつくれる
まわりの歯に負担をかけない
金属アレルギーの心配がない
デメリット 熱に弱く、汚れがつきやすい
修理できないことが多い
自費診療のため、比較的高額になる
シリコンデンチャー(自費診療)
シリコンデンチャー(自費診療) 歯ぐきにあたる部分にシリコンを用いた入れ歯です。歯ぐきへの衝撃をシリコンが吸収し、装着時の痛みを軽減します。
メリット フィット感がよい
痛みが軽減される
外れにくい
デメリット 修理しにくい
自費診療のため、比較的高額になる
金属床義歯(自費診療)
金属床義歯(自費診療) 床部分に金属を使用した入れ歯です。金属は強度が高いため薄くつくれ、軽い仕上がりになります。
メリット さまざまな症例に対応できる
食べ物の温度が伝わりやすい
丈夫で壊れにくい
汚れがつきにくい
デメリット 壊れにくいが修理もしにくい
金属アレルギーの方は使用できない
自費診療のため、比較的高額になる

入れ歯のメンテナンスについて

入れ歯のメンテナンスについて

入れ歯は、自分の歯と同様に、日々きちんとお手入れをして清潔を保つことが大切です。お手入れをしなかったり、間違った方法でお手入れをしていたりすると、入れ歯の寿命が短くなってしまいます。以下のお手入れ方法を参考に、毎日お手入れするようにしましょう。

  • 食後は入れ歯を水ですすぎ、汚れを落としましょう。
  • 入れ歯を洗うときには、入れ歯専用のブラシでやさしくブラッシングします。天然歯用の歯みがき粉は研磨剤が入っているため、入れ歯が傷ついてしまうので使用は控えましょう。
  • 就寝前は入れ歯を外して汚れを落とし、そのまま水に浸けておきます。入れ歯洗浄剤を使用すると、より清潔な状態を保てます。

また、お口の状態は日々変化しているため、つくったときにはぴったり合っていた入れ歯でも、使っていくうちに合わなくなってしまうことがあります。ですので、定期的に歯科医院で入れ歯のメンテナンスを受けることをおススメします。