☆2022/1/13☆

皆さんこんにちは(*^-^*)

寒い日が続いていますが、体調崩したり、風邪を引いたりしていませんか?? 新型コロナウイルス感染も急増していますので、十分感染症対策して下さいね(>_<)

さて、今日は『歯磨き粉の選び方』についてお話ししようと思います!(^^)!

ドラックストアなどに行くと、色んなメーカーからたくさんの歯磨き粉が出ていて、正直どれを選んだらよいのかわからなくて悩んでしまいますよね(・∀・)

まず、歯磨き粉を選ぶ前に自分のお口のことで、何が一番気になっているかを把握することが大事です(^O^)/

虫歯になりやすい、歯周病が気になる、口臭が気になる、歯の黄ばみなど、お口の状態に合わせて選ぶことが大切ですね(^w^)

今日は代表的な『虫歯になりやすい方にお勧めする歯磨き粉の選び方』を例にとってお話ししますね(⌒∇⌒)ノ

ポイント1:フッ素の濃度が1450PPM以上含まれているもの

虫歯予防に必要不可欠なフッ素!日本で販売が許されているフッ素濃度は1500ppM以下とされています(*^-^*)

フッ素の濃度が高いほど、虫歯予防に効果を発揮します(*'▽')

ポイント2:研磨剤が少ない

研磨剤は、歯の表面についた着色を落としてくれる効果がある反面、多く入っていればいるほど歯の表面に細かい傷をつけてしまうことがあります(ノ_σ)

そこに菌がたまり、虫歯になりやすくなってしまうようですm(~q~;)m

ポイント3:発泡剤が入っていないもの

これはよく言われていますよね(=^_^=)発泡剤が多く含まれていると、ブラッシングすることによってお口の中が泡で満たされて、「磨けている」と錯覚しがちになり、磨き残しが多くなってしまうのです(・・,)

あまり発泡剤が含まれていないものを選ぶのがポイントですね(*´ω`*)

以上です~(^Д^~)参考になりましたか?今おうちにある歯磨き粉がなくなったら、以上のことを意識してドラックストアで探してみてくださいね(^v^)

先週お知らせしました福袋 子供用\700 大人\1000 

残り僅かですが数がございます(#^.^#)3000円相当の口腔内ケア用品(歯科医院限定品等)が入ってかなりお得です!!気になる方はお早めにご購入下さい('ω')

 

  • ☆2022/1/13☆

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top