歯の痛みは早めに対処しましょう~虫歯治療~

歯の痛みは早めに対処しましょう~虫歯治療~

虫歯とは、お口の中のプラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、歯を徐々に溶かしてしまう病気です。初期には痛みがないため、「痛い」と感じてからようやく受診すると、すでにかなり進行していた……というケースも少なくありません。

虫歯は一度かかると、ごく初期を除いて「歯を削る」治療が必要になり、悪化すれば歯を大きく削らなくてはなりません。少しでもダメージを軽減するために、何か異変に気づいたらできるだけ早く、座間市の歯医者「こころ歯科クリニック」までご相談ください。

虫歯の進行と治療方法

進行段階 イメージ 症状 治療法
CO
ごく初期

虫歯
COごく初期の虫歯 歯の表面のエナメル質がわずかに溶かされ、白く濁った部分が現れます。まだ痛みはありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布によって、治癒できるケースもあります。
C1
エナメル質

虫歯
C1エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶かされ、茶色や黒くなった部分が現れます。冷たいものがしみることも。 虫歯に冒された部分を削って、レジン(歯科用プラスチック)で補います。
C2
象牙質に
達した
虫歯
C2象牙質に達した虫歯 内側の象牙質に進行した虫歯です。冷たいものだけでなく、甘いものがしみることも。 虫歯に冒された部分を削り、詰めものを装着します。
C3
神経に
達した
虫歯
C3神経に達した虫歯 歯の内側の神経に達した虫歯です。何もしていなくても、激しく痛みます。 虫歯菌に冒された神経を取り除く根管(こんかん)治療を行い、被せものを装着します。
C4
重度

虫歯
C4重度の虫歯 歯冠部分がほとんど溶けてなくなってしまいました。神経が死に、一旦痛みはなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると再び激しく痛みます。 ここまで来ると、ほとんどの場合抜歯となります。抜歯後はインプラント入れ歯によって、機能を回復させます。

【3MIX法とは~薬を使用した虫歯治療~】

  • 【3MIX法とは~薬を使用した虫歯治療~】
  • 【3MIX法とは~薬を使用した虫歯治療~】
  • 【3MIX法とは~薬を使用した虫歯治療~】

当院では患者様のご負担をできるかぎり軽減するために、新しい虫歯治療「3MIX法」を採用しています。3MIX法とは、薬を使ってお口の中の虫歯菌を殺菌する治療法です。

まず虫歯に冒されてやわらかくなった象牙質を除去し、そこに3MIX(3種類の薬を混合させたもの)を入れて、セメントや詰めものでフタをします。そうすることで内側の象牙質に薬の成分が浸透し、残っている虫歯菌を殺菌するのです。

歯を削る量を最小限に抑えられるうえに痛みも少なく、また神経を残せるために歯の寿命を長くできるなど、さまざまなメリットがある治療法なのです。

●3MIX法のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 痛みを軽減できる
  • 歯を削る量を最小限にできる
  • 歯の神経を守ることができる
  • 薬剤に対するアレルギーがある場合には適用できないケースもある
  • 重症化した虫歯には適用できないケースもある

虫歯治療にレーザーを使用します。

初期の虫歯はレーザーで治療できます

当院ではレーザー治療器を導入しており、虫歯治療にも応用しています。

レーザーには、殺菌・消炎・止血のほか、傷ついた組織の再生を促し、患部の回復を早められるなどのさまざまな効果があります。安全で痛みもほとんどなく、麻酔の量を抑えることができるため、妊娠中の方や、高血圧、心臓病(ペースメーカーを使用されている)の方などにも、やさしい安心の治療をご提供できるのです。

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

歯の根の治療で歯を残す~根管治療~

虫歯が重度にまで進行すると、その歯を残すことが難しくなり、抜歯を選択します。しかし歯は1本でも失ってしまうと、歯並びや咬み合わせが乱れ、お口の環境を悪化させてしまいます。そこで、歯を抜かずに残すために行うのが「根管(こんかん)治療」です。

根管治療とは、歯の中を通る根管という細い管の中から、虫歯菌に冒されて死んでしまった神経や血管を取り除き、洗浄・消毒して内部をきれいにして、最後に薬剤を充填する治療です。根管は複雑に入り組んでいるため、とても難しい治療になりますが、歯を残すためにとても重要な治療になります。

当院では根管治療を行っておりますので、重度の虫歯でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

【歯の痛みは知覚過敏かもしれません】

【歯の痛みは知覚過敏かもしれません】

「歯がしみる」のは虫歯の代表的な症状ですが、ときに虫歯でないこともあります。その場合考えられるのが「知覚過敏」です。

知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が薄くなったり、歯ぐきが下がってもともとエナメル質のない歯根部分が露わになったりすることで、歯の内部の神経に刺激が伝わりやすくなって起こる症状のことをいいます。その原因には、歯ぎしりや食いしばり、強すぎるブラッシングのほか、歯周病の進行なども考えられています。

症状がひどい場合には、コーディング剤を塗布したり、歯ぎしりによる負荷を和らげるマウスピースを作製したりするなどの対応も可能です。ガマンせずに、一度ご相談ください。

お母さんと子供の歯科治療について

こころ歯科クリニックの診療予約はこちらから

page top